総合法律センター阪神相談所 ・弁護士会阪神支部

弁護士会阪神支部の歴史

戦前は、伊丹区裁判所尼崎出張所が当地の管轄裁判所でした(旧裁判所構成法)。尼崎出張所では登記事務しか取り扱っていませんでした。この頃は、田口正平弁護士ほか数名の弁護士しかおらず、何らかの共同体や団体が構成されていたという記録もありません。

1947(昭和22)年、尼崎に神戸地方裁判所尼崎支部(乙号支部)が置かれ、これに対する形で、神戸弁護士会常議員会の承認により、神戸弁護士会尼崎支部が設置されました。初代支部長には田口正平弁護士が就任しました。当時は弁護士が少なかったこともあり、地裁尼崎支部のみならず、地裁伊丹支部管内に事務所を有する弁護士も弁護士会尼崎支部の会員でした。(後に伊丹支部が分離)

1957(昭和32)年、地裁尼崎支部が甲号支部に昇格したこともあり、徐々に弁護士数が増え始めましたが、それでも数名~10名という規模でした。当時のことをよく知る古参会員によれば、草創期の弁護士会尼崎支部会員は、近隣地域の同業者より「奇人・変人の集まり」「尼弁・ドロ弁」などと揶揄されることもあったそうです。実際、弁護士のみならず、その法律事務所の職員までもが事件屋まがいのことをしていた事例もあったと言います。(今はそのようなことは(めったに? いいえ、全く)ありません。)

1975(昭和50)年、弁護士会尼崎支部の会員数は23名まで増加しました。当時の兵庫県全体の弁護士数は290名(うち女性はわずか8名)で、神戸本部(213名)・姫路支部(33名)に次ぐ、大きな勢力になりました。裁判所尼崎支部のワ号事件(注:第1審の通常民事事件)も、昭和30年代と比較して、昭和50年には40%弱も増加しました。

2014(平成26)年8月、尼崎市のみならず、同管轄区域内である西宮市・芦屋市に事務所を持つ会員が増加したことや、神戸弁護士会も兵庫県弁護士会へと名称変更したことに鑑みて、「兵庫県弁護士会阪神支部」として新たなスタートを切りました。

その後、昭和・平成を経て、令和3年3月31日時点で、148名もの会員を擁する、神戸本部に次ぐ大きさの弁護士会支部となっています。